*

PMS改善のために、コーヒーを減らしてみる 止めてみる

公開日: : 最終更新日:2014/12/17 PMS(月経前症候群)対策

coffee-caffein-top実はデイジーは半年ほど前からコーヒー断ち(カフェイン断ち)をしています。理由は、PMS改善のためです。
「DaisyのPMS克服記」 でもお話したように、以前のデイジーは、それはそれは大のコーヒー党で、日々コーヒーを欠かさないカフェイン超依存生活でした。でも、それがPMSのときの体にどのように作用して、どんな影響を及ぼしているのかは、実はデイジーもドクターストップがかかるまでは知らないでいました。

大好きなコーヒーを止めるのは、それは一苦労。PMSとは別の理由で病院にかかりましたが、このドクターストップのおかげで、気がつけばいろいろな症状が少しずつ消えていき、PMS改善をじゃまするいくつかのものを排除することができ、生活習慣そのものも見直すきっかけになりました。
もしデイジーのようなコーヒー党の方がいたら、「コーヒーをやめてみる、減らしてみる」ことにチャレンジしてみるのが近道かもしれません。

 photo by 55Laney69

カフェインの含有量について

カフェインはいろいろな飲み物に含まれていますが、デイジーがコーヒーを断つことから始めたわけは、やはりその絶対量。
玉露茶を除けばコーヒーがダントツ。ドリップコーヒ―は一度に抽出するので濃く出ます。
一方紅茶などの茶葉系は、ポットやカップの中で時間をかけゆっくりと抽出されるので、コーヒーに比べて実はそれほどカフェインの摂取は多くありません。グラム単位で言えば、コーヒーより紅茶のほうがカフェインは多めですが、抽出方法の違いで一杯のカフェインの含有量が変わります。これは緑茶などにも言えます。

 coffee-caffein-01

 参考URL:
 コーヒーの飲みすぎは危険?カフェイン依存症|ヘルスケア情報|eo健康

 

とにかくコーヒーが大好きだったデイジー。一番含有量が多く依存度も高い…とくれば、やはり一番多く飲んでいるものから断つべきと判断しました。そして毎日通っていたコーヒー屋さんもじょじょに通うのをやめ、レギュラーコーヒーも断ち、最後は烏龍茶も飲まなくなりました。

 

何がPMSによくないのか

コーヒーをやめたのは、コーヒーに含まれているカフェインの影響を無くすためですが、では具体的にカフェインはPMSにどんなふうに良くないのでしょう? 眠気を覚ましてくれる、消化を助けてくれる、集中力をアップさせてくれる……カフェインには多くの利点もあります。でもPMSの場合、その利点が間接的に逆効果になっている場合も多いのです。

2杯分のコーヒーがカルシウムを流出させる?

コーヒー(カフェイン)には、

  • 依存性がある
  • 貧血を招く
  • ホルモンに影響を与える
  • 自律神経を乱す
  • ビタミンやミネラルの吸収を妨げる

などの影響がありますが、中でもデイジーが気になったのは、

ビタミンやミネラルの吸収を妨げる ことです。

これは、せっかくPMSの改善に向かって食生活を改めて、その他サプリメントなどで補充をしても、体に吸収しない可能性があります。また鉄分の吸収も悪くなることから貧血にもなりやすいです。ある研究(ヘルスネットメディア:カルシウム流出、脳細胞増加も関与【 カフェイン最新研究 】)では、カップ2杯分のコーヒーが、カルシウムなどの体への吸収を妨げるらしいこともわかりました。

 

女性ホルモンのバランスにも

さらに研究では、女性ホルモンのバランスにも影響があることがわかっています。カフェインの過剰摂取(1日300mg以上)でホルモンのバランスを崩すと言われています。カフェインが女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促すことは知られていますが、エストロゲン優勢となっている現代では、すでに過剰となっているかもしれません。

さらにいろいろ調べてみると、こんな記事も。

女子と男子によるカフェインの影響についの記事ですが、

カフェインの作用が、女子の性周期によっても変化することを発見した。カフェインによって、黄体期にはより心拍数が減少し、卵胞期にはより血圧が上昇した。」

カフェインは思春期男女で異なる作用を持つ:世界の最新健康・栄養ニュース

と書かれています。

またこのように(Internet Scientific Publications 月経前症候群に対するカフェインの消費の影響)、PMSとカフェインが与える影響についても研究がなされています。
ここではカフェインが直接の原因ではないとされていますが、カフェインが招く「離脱症状」がPMSに関係しているかもしれないという見解もあり、今後の研究課題となっているようです。

 

禁断症状(離脱症状)

コーヒーには依存性があり、常飲している場合、日頃から禁断症状(離脱症状)が起きています。でも実際はあまり自覚症状がなく、「あー、コーヒー飲みたいなあー」と感じて口にすることでその症状は解消されています。例えば

頭痛がしてコーヒーを飲むと収まる。
朝コーヒーを飲まないと目が覚めない。

といったような感じです。

カフェインは様々なPMSの症状を助長すると言われていますが、ドクターからは「体を緊張させる」と言われました。実際、飲んでいる時よりも飲まない時に感じていたことから、それがPMSの助長につながっていたのではないかと思うのです(このへんはあくまでも“感じ”なので、研究結果に託してみたいところです)。

またデイジーの場合は大きな影響はありませんでしたが、一気にカフェイン断ちをすると、人によってはカフェインが抜けるまで頭痛が収まらない、手が震える、などの症状が現れる場合があるようです。

もし日頃からコーヒーを飲むのが大好きだという人は、こういったことも踏まえて、飲む機会や量を、調整してみるといいかもしれません。
ちなみにドクターからは「飲みたい場合は午前中に一杯だけにするように」と教わりました。朝だけにすると、午後から夜の就寝にかけてカフェインの影響が薄まり、緊張感なども少なくて済みます。その流れで、薄めにしたり、頻度を少なくしたりして、じょじょにコーヒーを止めていくことができます。

 

コーヒー以外のカフェイン飲料

デイジーは超がつくコーヒー党だったため、勧められればその他の飲み物も飲む…という感じでしたが、もちろんコーヒー以外の飲み物にだって、カフェインは含まれています。

お茶、緑茶、コーラ

先ほどのグラフでも紹介しましたが、カフェインの含有量は玉露茶がダントツ! でも、日頃から飲む機会はそんなにはありませんよね。
そして紅茶。こちらはコーヒーに次いでカフェインを含みますが、先ほども少し触れたように、コーヒーと違って抽出されるのに時間がかかるので、コーヒーよりはカフェインも少なめになります。

次いで、烏龍茶、番茶、コーラの順で少なくなっていきます。

 

栄養ドリンク

疲れた時に頼りたくなる栄養ドリンクも、ものによってはドリップコーヒー並みのカフェインが含まれているようです。カフェインの作用は時間が経つと一気に切れるので、あまり頻繁に飲むのはやめたほうがいいかもしれません。

その他、代表的な飲料に含まれるカフェイン含有量の一覧はこちら→カフェイン含有量一覧 | 不眠克服体験記

 

 

コーヒー断ちで体感したこと

様々な飲料や薬などにも含まれる「カフェイン」は、人間にとってよい効果もあれば悪い効果もあります。
特にカフェインを多く含むコーヒーは、目覚めをよくしてくれたり、集中力をアップさせてくれたり、味も香りも脳と体にストンとくるように覚醒させてくれます。食後は消化を促進して胃をスッキリとさせてくれたり。そしてそのまた逆に、睡眠を妨げたり、離脱症状をともなったり、動悸を起こす人もいます。

このようにコーヒーはその他の飲み物(お茶や紅茶)に比べて覚醒具合は顕著なものがあります。こういった効能は即効性があり、一度それに慣れてしまうとその爽快感はなかなか手放せません。

そんな魅惑のコーヒーを実際にやめたいま、いままでの不調が気がつけば不思議となくなっていることに気づきます。

どんなふうに変化があったか、個人的にコーヒー断ちして体感したことを書いてみたいと思います。

 

<変な体の緊張感がなくなった>

日頃から緊張しやすい性格でしたが、特にPMSの真っ只中にあるとき、イライラや過度なストレスで体中が強張るような状態によくなりました。これは寝る時まで続いて、熟睡できない原因ともなっていました。ですが、このように体中に力が入るような状態はなくなりました。

<ゆっくり眠れるようになった>

寝入りがとてもよくなりました。何年も、布団に入ってから眠りに入るまで30分以上かかっていましたが、これもなくなりました。気がつけばストンと眠りに落ちています。眠りの質も上がり、目覚めもずいぶんとよくなりました。

<コーヒーを飲みたくて仕方ない、ということがなくなった>

一日の始まりはコーヒーなしではいられませんでしたが、気がつけばそのことも忘れるほどに。いまは、毎朝ホットハニーやお湯、ハーブティーなどで目覚めています。日中も欲することはなくなりました。

 

時にはご褒美

コーヒーとその他のカフェイン断ちに成功したデイジーですが、あの挽きたてのコーヒー豆の香りは、今でもとても大好きです。

コーヒーやお茶も、量を加減すれば、まったく飲んではいけないということではありません。デイジーは今でも、本当に体調が良いときには、時々ご褒美として薄めのコーヒーを一杯だけ飲んで楽しんでいます。

そして、コーヒーの風味を楽しみたいなら、カフェインレスのものがたくさん出ています。

最後にリンクを貼っておくので、ぜひ参考になさってください。

 

カフェインレスな飲み物たち

デカフ たんぽぽ茶 玄米コーヒー 穀物コーヒー などが購入できます。→飲料・お茶,コーヒー風飲料・ココア | ハッピーナチュラル

 

カフェイン断ちしている人に! 主要なコーヒーチェーンで飲めるハーブティー の記事はこちら!

関連記事

カフェイン断ちしている人に! 主要なコーヒーチェーンで飲めるハーブティー

買い物やデートで街にお出かけして、「ちょっと休憩」という時に入るのはやっぱりカフェですよね?

記事を読む

PMS改善にYogiのハーブティ [ヨギティー ウーマンズ・ムーンサイクル]

「yogi」のハーブティは元々はヨガをする人が健康維持のために飲んでいたお茶だったそうですが

記事を読む

悩ましいお月様サイクルとPMSを楽しくするアプリ [Period Tracker with Mood]

自分の月経周期やPMSのアラート機能付アプリって、探せば結構あって、いろんなタイプがたくさん出てます

記事を読む

貧血改善のためのハーブと果実 ~ラズベリーリーフティー&ナツメ~

PMSはもちろんのこと、生理期間や排卵期などや、それ以外の日常でも女性にとっては「貧血」

記事を読む

種がPMSの救世主に![シードローテーション]でホルモンバランスを整える

「グッドニュース!女性ホルモンバランスを整える方法があります」と語っているのは、Dr. Kristy

記事を読む

PMSの克服に役立つ18の食べ物

PMSに効果がある食べ物を調べていたところ、アメリカの雑誌「Women's Health(ウィメンズ

記事を読む

東洋医学から見たPMSって? ―中医に出向くー その2

前回、デイジーの初めての試みとして東洋医学、中医学の先生に診察を受けてみたというお話をしまし

記事を読む

PMSの微熱・3 ~受け止められるカラダになる~

PMSの微熱についてお話してきた連載の第3回目は、「受け止められる元気なカラダをつくる」です。排

記事を読む

ダイエットで人気の[ココナッツオイル]PMSにも効果大です!

今大人気のココナッツオイルですが、ダイエットや美容の為に食べたり、飲んだりしている人はとても

記事を読む

甘くて黒いシロップがPMSを救済!「モラセス」~molasses・black strap~

PMSや生理痛に効くという、黒くて甘いシロップをご存知ですか? 名前は「molasses」。モラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

貧血改善のためのハーブと果実 ~ラズベリーリーフティー&ナツメ~

PMSはもちろんのこと、生理期間や排卵期などや、それ以外の

東洋医学から見たPMSって? ―中医に出向くー その2

前回、デイジーの初めての試みとして東洋医学、中医学の先生に診察

東洋医学から見たPMSって? ―中医に出向くー その1

今回はデイジーの新たな試みについてお話してみようと思います。デイジ

PMSでキレないように「甘いもの(白砂糖)」から離れてみよう

PMSの症状の中で一番厄介なのは、感情の波ではないでしょうか。

どうしても飲みたい人は! カフェインレスコーヒー(デカフェ)があるコーヒーチェーンへ

なんだかコーヒーの話題ばかりですみません。でも思いついちゃった

→もっと見る

PAGE TOP ↑