*

DaisyのPMS克服記 ~何かが違った20代と30代~

公開日: : 最終更新日:2014/12/19 体験記

daisy-Overcome Stories-top 01

自分をPMSだと疑うに至った経緯を思い出してみると…。
20代からずっと同じ仕事をしていて、25歳くらいからその仕事が忙しくなり始めます。任されることのハードルも徐々に高くなり、忙しいけれど仕事ができる嬉しさと若さとで乗り切れた時でもありました。それが、30代に入ってから本当に大きくガラッと体の変化を感じるようになりました。「ああ、これが加齢ってやつか」としみじみした気持ちになったのを覚えています。

いま思えば、そこから「ちょっと不調かな」ぐらいに思っていたPMSの症状が日増しに酷くなっていった気がします。

20代のときにくらべて仕事に責任も増え、ストレスを蓄積するようになりました。

そのストレスからお酒をガバガバと飲むようになり、仕事をしている時はコーヒーを必ず5~6杯は飲んでいました。もちろんブラックでです。仕事の合間には喫煙もしていました……。

PMSでやってはいけなことのオンパレードです。この時点でのデイジーは、誰にも文句は言えませんね……。

それからは、仕事は徐々に終電クラスまでの残業も当たり前に。そのうっぷんで飲みに行く→次の日仕事→終電のループ。

でもなんとかなるよ、ぐらいに思っていたデイジーの体力は、徐々に徐々に奪われていくのでした。

 

つづく

 

photo by It’sGreg

関連記事

東洋医学から見たPMSって? ―中医に出向くー その1

今回はデイジーの新たな試みについてお話してみようと思います。デイジーの新たな試み、それは「中医の

記事を読む

DaisyのPMS克服記  ~周りとの折り合いをつけられない日々~

私(デイジー)がPMSだと自覚し始めるまで、それはそれは苦しい日々が続きました。真綿で頭を締め付ける

記事を読む

東洋医学から見たPMSって? ―中医に出向くー その2

前回、デイジーの初めての試みとして東洋医学、中医学の先生に診察を受けてみたというお話をしまし

記事を読む

DaisyのPMS克服記 ~はじめに~

このサイトに足を運んでくださる方は、自分がPMSの症状がある、もしくは身近な人がその傾向があ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

貧血改善のためのハーブと果実 ~ラズベリーリーフティー&ナツメ~

PMSはもちろんのこと、生理期間や排卵期などや、それ以外の

東洋医学から見たPMSって? ―中医に出向くー その2

前回、デイジーの初めての試みとして東洋医学、中医学の先生に診察

東洋医学から見たPMSって? ―中医に出向くー その1

今回はデイジーの新たな試みについてお話してみようと思います。デイジ

PMSでキレないように「甘いもの(白砂糖)」から離れてみよう

PMSの症状の中で一番厄介なのは、感情の波ではないでしょうか。

どうしても飲みたい人は! カフェインレスコーヒー(デカフェ)があるコーヒーチェーンへ

なんだかコーヒーの話題ばかりですみません。でも思いついちゃった

→もっと見る

PAGE TOP ↑