*

PMSの為のヘルシースイーツ[ローカカオパウダーとアボカドのムース]

公開日: : PMS(月経前症候群)対策, 食事

先日、チョコレートが食べたい時に代用できる”ローカカオパウダー“についての記事を書きましたが、それを使った超簡単スイーツレシピを見付けました!

オーストラリア・シドニー在住のチャーリー・ラゴアさんが紹介する「ローカカオパウダーとアボカドのムース」です。濃厚なアボカドで、PMS期の食欲にも十分対応できます。他の材料にも有効成分がたっぷり含まれ、まさにPMSの為のスイーツ?!なんて感じてしまいました。使われている材料の効果を交えながら、作り方をご紹介しましょう。

Raw Chocolate Mousse_top

チャーリーさん自身もPMSに苦しんだ経験があり、他にもたくさんのヘルシーレシピを提案しています。興味のある方は、サイトをチェックしてみて下さい。

Charlie Lagoa publishes “Happy Hormones” – a free weekly eZine for happy hormones, because happy hormones mean a happy, gorgeous and glowing YOU! If you’re ready to look and feel fabulous every day of the month, get your FREE tips and recipes now at CharlieLagoa.com
(”ハッピーホルモン” ― チャーリー・ラゴアが発行する、ハッピーホルモンの為の無料の週刊eマガジンです。ハッピーホルモンで、幸せで華やかできらきらしたアナタになります!毎月楽しい気持ちでいたいなら、CharlieLagoa.comをのぞいて、ヒントとレシピを無料でゲットしよう。)

材料

材料はたったの4つ。自宅に常備してあるとは言えないかもしれませんが、これを機会に新しい食材にチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか?

熟したアボカド 1つ

“森のバター”とも呼ばれるアボカドは、脂肪分が多く、カロリーの高い食べ物というイメージ。。。確かに食べ過ぎは禁物ですが、その脂肪分のほとんどが、善玉脂質と呼ばれる不飽和脂肪酸です。コレステロールを下げ、血液をサラサラにする働きを持ち、生活習慣病などに有効とされています。(ちなみに、チョコレートに含まれる脂肪分の多くは、これと逆の飽和脂肪酸です。)その他、ホルモンのバランスを整えたり、イライラを抑制するオメガ3、むくみを防ぐカリウム、抗酸化作用を持つカルテノイドビタミンE、便秘を予防する食物繊維などが豊富。その濃厚さから満腹感も生み出してくれるので、PMS期に食べる食品としては最適です。

このレシピでは、必ず熟したものを使うこと。でないと、甘味のないムースになってしまいます。茶色~焦げ茶色が熟したものです。未熟のものは青さが残ります。

Raw Chocolate Mousse_001

Photo by:olle svensson

 

ローカカオパウダー 大さじ2杯

ローカカオパウダーの効果ついては、チョコの代わりに[ローカカオパウダー]を。PMSに効く栄養がいっぱい!を参照して下さい。

マイルドな味にするには、ローカカオパウダー大さじ1杯とキャロブパウダー大さじ1杯にする方法もあります。

ちなみにキャロブパウダーとは、いなご豆のさやを乾燥させて粉にしたものです。風味がチョコレートによく似ており、ほんのり甘く、そのまま代用品として使えます。カルシウム鉄分食物繊維が豊富。しかもカフェインゼロなので、よりカフェインに注意を払いたい人には使いやすい食品ですよ。

キャロブパウダー(300g)

キャロブパウダー(300g)
価格:357円(税込、送料別)

 

天然甘味料 大さじ2杯

生はちみつや生ココナッツシュガーなど。まず大さじ1杯から試して、足りないようなら2杯目を加えることをお勧めします。

加熱処理をしていない生はちみつは、白く結晶化しているのが特徴。ビタミンミネラル酵素乳酸菌ポリフェノールなど、はちみつの持つ本来の栄養成分が損なわれずに詰まっています。

【#】グリーンラベル生はちみつ 600g

【#】グリーンラベル生はちみつ 600g
価格:1,746円(税込、送料別)

 

アーモンドミルクまたはライスミルク 大さじ2杯

ムースが十分に柔らかいようであれば、省いて下さい。

アーモンドミルクは、砕いたアーモンドから絞られた飲み物で、牛乳の代用品になります。コレステロールを下げる働きによって生活習慣病を予防する他、アンチエイジングに有効なビタミンE、むくみを解消するカリウム、イライラを和らげるカルシウムマグネシウム、ホルモン分泌を正常に促す亜鉛、便秘解消に働きかける食物繊維などが、バランスよく含まれています。PMSに悩んでいる人は、普段からぜひ取り入れたい飲み物です。

 

手順

  1. シンプルに、ハンドミキサーまたは高速ミキサー(ブレンダ―)で、全ての材料を粒がなく、滑らかになるまで混ぜ合わせます。
  2. 味見をして、もっと甘味料やローカカオパウダーが必要なら、調節して下さい。また、ムースが適度な柔らかさでなければ、あと少しアーモンドミルクまたはライスミルクを加えて、お好みの硬さに仕上げて下さい。
  3. そのまま食べても十分おいしいですが、ブラックベリーや他のベリー、バナナを添えると、更においしく。見た目も一気にゴージャスになります。

もっと冒険したい時は♪

このムースに合う食材は他にも色々とあります。違った風味や食感を楽しみたい場合、以下のオプション材料を加えてみて下さい。

バニラエッセンス 小さじ1杯

おいしいバニラ風味のスイーツになります。

また、ミント風味がお好みであれば、食用の良質のペパーミントオイル2滴に替えて下さい。消化を良くしたり、イライラ落ち込みを抑え、気分をリフレッシュする効果があります。

 

シーソルトまたはヒマラヤピンクソルト ひとつまみ

どの料理でも、甘みを引き出してくれます。

やわらかな色がかわいらしいヒマラヤピンクソルトは、天然の岩塩なのでミネラルが豊富です。優れた温浴効果で、バスソルトとしても使えます。

 

ココナッツオイル 小さじ1杯

もっとクリーミーに仕上がります。使うなら、エキストラバージンのものを。脂肪の燃焼を助けるのでダイエットに使われたり、抗酸化作用でスキンケア、ヘアケアにも大人気です。

 

ルクマパウダー 小さじ1杯

“ルクマ”はペルーの果物で、メープルシロップに似た味を持ちます。乳化を助ける働きがあるため、滑らかでクリーミーなデザート(スムージーやアイスクリームにも!)に最適。ほんのり甘いですが、血糖値を緩やかに上げる低GI食品であり、かつビタミンミネラル食物繊維も豊富なので、PMS期にもぴったりの材料ですね。

関連記事

種がPMSの救世主に![シードローテーション]でホルモンバランスを整える

「グッドニュース!女性ホルモンバランスを整える方法があります」と語っているのは、Dr. Kristy

記事を読む

冷え性・PMS・生理不順 紀元前から珍重されるスパイス「サフラン」の効能

みなさんはサフランというスパイスはご存知ですよね? ご飯を黄色く染めてくれるあれです。デイジーはサフ

記事を読む

PMSに中国の伝統薬を。女性の様々な不快症状に効く [金牌白鳳丸(Gold Label Bak Foong Pills)]

皆さん、「中薬」という言葉を聞いたことがありますか?中国や東南アジアで広く使われている伝統薬のことで

記事を読む

PMSに効くハーブ[アンジェリカ(トウキ、当帰)]で、生理をスムーズに迎える

Daisyがアンジェリカを知るきっかけとなったのは、数年前にアイスランドを旅行した際にお土産として買

記事を読む

PMS改善のために、コーヒーを減らしてみる 止めてみる

実はデイジーは半年ほど前からコーヒー断ち(カフェイン断ち)をしています。理由は、PMS改善のためです

記事を読む

わたしのPMS症状を軽減してくれたハーブティー・その1

PMSを患ってから(という言い方が合ってるかどうかはわかりませんが…)、私はハーブティーに大

記事を読む

PMSでキレないように「甘いもの(白砂糖)」から離れてみよう

PMSの症状の中で一番厄介なのは、感情の波ではないでしょうか。 なんとか今月はPMSの

記事を読む

100%ナチュラルな方法で症状を和らげる~PMSの時に食べたい食事 ~

PMSを克服するために必要なものは、質の良い睡眠、ストレスを受けないこと、アルコールとたばこを避ける

記事を読む

PMSの微熱・3 ~受け止められるカラダになる~

PMSの微熱についてお話してきた連載の第3回目は、「受け止められる元気なカラダをつくる」です。排

記事を読む

SYOGA(生姜)を使ったレシピで生理前を快適に

私たちの身の周りにあるいくつかの食材は、薬よりも簡単に手に入り、私たちの体の不調を助けてくれるパート

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

貧血改善のためのハーブと果実 ~ラズベリーリーフティー&ナツメ~

PMSはもちろんのこと、生理期間や排卵期などや、それ以外の

東洋医学から見たPMSって? ―中医に出向くー その2

前回、デイジーの初めての試みとして東洋医学、中医学の先生に診察

東洋医学から見たPMSって? ―中医に出向くー その1

今回はデイジーの新たな試みについてお話してみようと思います。デイジ

PMSでキレないように「甘いもの(白砂糖)」から離れてみよう

PMSの症状の中で一番厄介なのは、感情の波ではないでしょうか。

どうしても飲みたい人は! カフェインレスコーヒー(デカフェ)があるコーヒーチェーンへ

なんだかコーヒーの話題ばかりですみません。でも思いついちゃった

→もっと見る

PAGE TOP ↑