PMS(月経前症候群)対策

スイーツ欲を満たしながらPMSも改善できる![ハニーローストバナナ]

生理前、無性に甘い物が食べたくなる人は多いですよね。そんな時に試して欲しい甘くて香ばしい「ハニーローストバナナ」ですが、スイーツ欲を満たしてくれるだけじゃないんです。バナナにはPMSに効く栄養素がたくさん含まれています。どんなスーパーでも簡単に、比較的お手頃な値段で手に入って、しかもPMSにいいと来たら、使わない手はありません!十分にお腹を満たしながら、必要な栄養素も摂れてしまう、おしゃれでおいしいバナナスイーツの調理法をご紹介します。

Fried honey bananas_top

バナナに含まれる栄養素

  • トリプトファン
  • マグネシウム
  • カリウム
  • オリゴ糖
  • 食物繊維
  • ポリフェノール
  • ビタミンC
  • マンガン

トリプトファンは、心を安定させるホルモン「セロトニン」の材料となり、PMSの気分の落ち込みやイライラが軽減します。

マグネシウムは興奮を抑えて気分を安定させる共に、筋肉の緊張を和らげるので、生理前の下腹部痛や胸の張り感などが改善できます。

カリウムは体に水分をため込むのを防ぐ為、むくみが原因となる下腹部や胸の張り感、頭痛、腰痛などを防ぎます。

オリゴ糖は腸内の善玉菌の養分となります。加熱すると腸から吸収されやすくなり、便秘の予防につながります。

食物繊維は、お通じにいいのはもちろん、空腹感を長く抑えてくれる効果もあります。

ポリフェノールの抗酸化作用で、老化やガンなどの生活習慣病を予防できます。バナナを加熱して食べることで、一層の抗酸化作用が期待できます。

ビタミンCは身体の免疫機能を高め、鉄分など他の栄養素の吸収を助けます。熱で壊れることが少ないので、バナナを焼いても大丈夫です。

マンガンは、骨の健康と生活習慣病の予防に役立つミネラルです。

またバナナは、加熱することで甘味が増し、食べやすくなります。消化吸収にも優れているので、生理前に下痢や胃痛がある時でも、身体に必要な栄養素を補給しやすい果物です。

 

ハニーローストバナナの作り方

アメリカ・ミシガン州在住のレイチェル・シュルツさんのブログで紹介されている、「ハニーローストバナナ」の材料と作り方です。

“FRIED” HONEY BANANAS – Rachel Schultz

材料(1人分)

Fried honey bananas_001
  • ほんのり熟したバナナ1本(スライスする)
  • はちみつ 大さじ1
  • シナモン
  • オリーブオイル、またはココナッツオイル

ココナッツオイルを使う場合、オリーブオイルでもよく耳にする「エキストラバージン」のものを選ぶのがベスト。いわゆる「生絞り」なので、化学物質や添加物を一切含みません。スキンケア、ヘアケアにも最適です。

 

作り方

  1. 少量のオリーブオイル(またはココナッツオイル)をフライパンにひき、中火にかける。スライスしたバナナを並べて、両面を1~2分焼く。
    Fried honey bananas_002
  2. 同時に、はちみつと大さじ1杯の水を手早く混ぜ合わせる(★)。フライパンを火からおろし、バナナの上から★をかける。
    Fried honey bananas_003
  3. 冷ましたらシナモンを振りかけて、出来上がり。どの材料もヘルシーだし、カリっとしてとてもおいしいですよ。フレンチトーストの上に乗せたりして、もうワンランク上の味も楽しめます♪
    Fried honey bananas_004

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。